読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コスタリカ307

よいブログ。

指の多義性

本稿では『多崎つくる』の異なる三つの項目について書いた。これまでの記事はこちら。 二重の自己 『多崎つくる』の作中では、自己との解離、分裂、あるいは二重性という現象について繰り返し言及がなされている。 前回の記事で語ったように、主人公は自分の…

因果関係というテーマ

本稿はこちらの記事から続いている。 riktoh.hatenablog.com 因果関係について 『多崎つくる』という物語において主人公に与えられる問いは、「友人に絶縁された理由は何か?」というものだ。これは因果関係を把握するという問題に等しい。時刻t1に発生した…

影としての作品

本稿では『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』が『1Q84』とペアとして存在している作品であることをまず述べる。その後べつの記事で、この事実を手がかりにして両作に共通する因果関係というテーマを読み解いていく。 自動車 vs 電車 『色彩を持た…

怒りについて

読者への怒り 次の文章は『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』から。主人公・多崎つくるが夢を見ている。 その音楽を無心に演奏しながら、彼の身体は夏の午後の雷光のような霊感に、鋭く刺し貫かれた。大柄なヴィルテュオーゾ的構造を持ちながらも…

「た」の多い小説

「私」から離れる文体 『1Q84』と『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』は三人称で書かれている。その文末は「た」または清音で結ばれるように配慮されており、濁音で終わるのはその方が日本語として自然である時か、または作者が意図的にその文を強…