『ダブリナーズ』の構造を読み解く

前回の記事からの続きである。

基調とカウンター

  • 金銭による取引は上手く行かない。あるいは下劣な結果となる。
  • 男女関係は上手く行かない。あるいは下劣な結果となる。
  • 暗い結末が多い。

上記のような大きな力が作中で働いている。ただし例外もそれなりに存在し、これらの基調の力に対するカウンターとして働いている。

ジョイスがカウンターを存在させた狙いはかなり明白で、前回書いたように、物語の消化不可能性を高め、それそのものをなまの形で差し出すことにある。そうすることにより、かけがえのない生命の一回性、個別性というものが強調されるからだ。こうした細工は読了後に大きな効果をもたらす。読者は本を閉じた後にそれまでの短編で起きたことを想起することになるが、そこで味わう生命の儚さ、脆さ、そして美しさが高まるのである。

年齢構成

主人公の年齢を順に挙げていく。

  1. 姉妹 - 若い
  2. 出会い - 子供
  3. アラビー - 子供
  4. エブリン - 若い
  5. カーレースが終って - 若い
  6. 二人の伊達男 - 若い
  7. 下宿屋 - 中年
  8. 小さな雲 - 青年(三十二歳)
  9. 写し - おそらく中年。五人の子供の親だから。
  10. 土くれ - 年齢不詳。
  11. 痛ましい事故 - 年齢不詳。シニコウ夫人が死亡時点で四十三歳なので、それに近い年齢と思われる
  12. 委員会室の蔦の日 - 老年
  13. 母親 - おそらく中年。演奏会に有償で出演できるほどの年齢の娘がいるから。
  14. 恩寵 - 中年
  15. 死せるものたち - 青年

1-6まで主人公は明確に若く、7の下宿屋から若い人は主人公でなくなる。ただ下宿屋は、話題の中心であるカップルは若い。したがって明確に中年である層が主人公に据えられると取れるのは、9の写しからだろう。ちょうど真ん中あたりで変わり、より死へと近づいていくことになる。

テーマと結論

テーマは三つある。三本の葛藤が柱であり、その内もっとも主要なものが死である。

  • 死を受け入れるか、受け入れないか
  • 男女関係が上手く行かないことを受け入れるか、受け入れないか
  • 金銭による取引がむなしい結果に終わることを受け入れるか、受け入れないか

これらのテーマを統合して、物語の中心に据えられた葛藤をあらわすと、次のようになる。

主人公はこの世のすべてが虚しくなり滅び去ることを、諦めて受け入れるか、それとも受け入れないかの、二つの方向性に引き裂かれている。彼は楽な道である生の方向へ進もうと試みるが失敗し、引き返して、より困難な道、すなわち死を受け入れる道を突き進む。するとその自己犠牲的決心によって、主人公は葛藤を解消するばかりでなく、生命の儚い美しさを識るという、かけがえのない宝を得ることになる。

ストーリー構成

1-3の短編によって上記三本のテーマが組み立てられる。姉妹でフリン司祭が死ぬが、それは若い主人公にとってかなりのインパクトがある出来事だった。人々を導く司祭という立場の人間が死ぬことによって、若い主人公は取り残され、道に迷う。彼が作中で怒っていることは見逃せないポイントだ。彼が怒っている本当の理由は、司祭の死を受け入れられないからである。キューブラー・ロスの唱える死の受容の五段階で言うと、彼は否認の次の怒りの段階にとどまっていることになる。

2の短編によって男女関係というものが示唆される。

3の短編から半ば本編に踏み込む。この話は2で示唆された男女関係というバトンを受け取りつつ、金銭が本来の役割を果たせないという結末が提示される。これで主要なテーマがすべて示されたことになる。スタートを切る準備が完了したという訳だ。

4のエヴリンから明確に本編が始まる。死も男女関係も金銭もすべて顔を出す。男女関係が上手くいかずに話が終わる。暗い基調である。

5, 7は明確なカウンターであり、本筋とおぼしき流れが完全に否定されるので読者は面食らう。

6も男女関係がテーマであり、こちらは下劣な結果で終わる。ただ暗い雰囲気はない。

8では出世や結婚生活が否定される。暗い雰囲気。

9は暗い基調の話であり、罰や金銭の話が強調される。年齢層の変化を考慮するとここからがおそらく後半戦である。

10もカウンターであり、微笑ましい話だが、金銭の取り引きが上手くいってないことは注目に値する。

11は重要な短編である。ここで惜しげもなくメインテーマと解決の方向性が開陳される。この作品は最後の『死せるものたち』の準備であり予告になっている。

TBD. 工事中...

『死せるものたち』を精読する

パーティ。無償の食べ物と酒。

セックスへの指向と、否定。

死者の登場。

TBD. 工事中...