コスタリカ307

よいブログ。

1Q84

『城』と『1Q84』

以前、『1Q84』とカフカの『城』の関連を指摘したことがある。 riktoh.hatenablog.com 『1Q84』はカフカのテーマと深い関連を持っているように私には思われる。この小説の印象的な場面のひとつに、天吾が父親から「あなたは何ものでもない」と告げられる箇所…

非対称な一対の存在

『1Q84』を読んでいてつくづく思うのは、この作品は論理の構築物であるということだ。これほど理路整然としたパズルも他にない。この記事では、本作の随所に顔を出す「非対称な一対の存在」について言及していく。 不揃いのペア 『1Q84』には“海”を軸にした…

指の多義性

本稿では『多崎つくる』の異なる三つの項目について書いた。これまでの記事はこちら。 二重の自己 『多崎つくる』の作中では、自己との解離、分裂、あるいは二重性という現象について繰り返し言及がなされている。 前回の記事で語ったように、主人公は自分の…

因果関係というテーマ

本稿はこちらの記事から続いている。 riktoh.hatenablog.com 因果関係について 『多崎つくる』という物語において主人公に与えられる問いは、「友人に絶縁された理由は何か?」というものだ。これは因果関係を把握するという問題に等しく、この種の問題意識…

影としての作品

本稿では『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』が『1Q84』とペアとして存在している作品であることをまず述べる。その後べつの記事で、この事実を手がかりにして両作に共通する因果関係というテーマを読み解いていく。 自動車 vs 電車 『色彩を持た…

分裂と統合

『1Q84』には同じ名詞や字句のくりかえしが作中に頻繁に現れる。本稿ではその表現の持つ文学的な意味を探究する。 同じ字句の繰り返し 次の一文は、天吾が『空気さなぎ』の改稿許可を得るために戎野先生に初めて会いに行く場面から引用したものである。 呼吸…

『1Q84』の隠喩表現に関する補足

今までこのブログは二回に渡って『1Q84』の解説をおこなってきた。 卵を温めることについて書いた小説 - コスタリカ307 逆方向の力 - コスタリカ307 本稿ではこれまで議論してきた『1Q84』の隠喩表現について整理をおこない、また補完をおこなう。その性質は…

『海辺のカフカ』におけるメタファーの性質

本稿は『海辺のカフカ』のメタファーが持つ性質と、それが物語で果たす役割について説明する。 主体がメタファーを作り上げる 一読して、難解な小説だと思った。この小説には「メタファー」という言葉が頻繁に出てくるのだが、それが本作を読み解く上での鍵…

逆方向の力

前回(リンク)に引き続き、本稿では『1Q84』の比喩の性質への理解を深めるために議論をする。そのために、次のような形で先行する文学作品が『1Q84』に影響をおよぼしていることを説明する。 『失われた時を求めて』 → 『豊饒の海』 → 『1Q84』 『1Q84』と…

『1Q84』、卵を温めることについて書いた小説

卵型の暗喩 小説『1Q84』の中核を成しているのは卵型の暗喩である。同作には容器や部屋にまつわる表現が多様な形をとって随所に登場する。それらはいずれも「卵を温めてヒナを孵す」という行為のヴァリエーションになっている。いくつか例を挙げて確認しよう…

比喩を剥ぎとる

パロディの例 パロディという表現技法がある。先人の作品を参考にして、それを自分流に書き換える形で引用するという手法だ。『1Q84』はこのテクニックの宝庫であるから、この小説から一つ例を取って見てみよう。 リーダーを暗殺した青豆は新築マンションの…

名前について

自己の名前 自分の名前が好きになれないという人は少なくないと思われる。 『1Q84』の主人公・青豆もまた、自分の名字に馴染むことができない者の一人である。 こんな姓に生まれていなかったら、私の人生は今とは違うかたちをとっていたかもしれない。たとえ…