コスタリカ307

よいブログ。

夢応の鯉魚

封じられた意識を自覚する

『雨月物語』に収録されている『夢応の鯉魚』を読んだところ大変おもしろく、実に驚かされた。そこでなぜこの作品がこんなにも面白いのかについて考えてみた。 感じているはずだが意識されないことについて語る小説 まずひとつに、人間が本来は感じているは…