コスタリカ307

よいブログ。

2016-11-08から1日間の記事一覧

『イエスタデイ』を読む。

翻訳、関西弁、そして演技 村上春樹の『イエスタデイ』は面白い短編小説だ。『女のいない男たち』という本の中で一番意味不明なのがこの作品なのだが、なぜかそこに心が惹かれる。 木樽はイエスタデイを「翻訳」している。これは見逃せない点である。村上春…