2016-10-16から1日間の記事一覧

「た」の多い小説

「私」から離れる文体 『1Q84』と『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』は三人称で書かれている。その文末は「た」または清音で結ばれるように配慮されており、濁音で終わるのはその方が日本語として自然である時か、または作者が意図的にその文を強…