2016-10-04から1日間の記事一覧

見られること。

前回の記事(リンク)に続いて、こちらでは村上春樹の『象の消滅』を扱う。 『象の消滅』は大半の文章が象の説明に割かれている。『僕』と『彼女』の話は長さとしてはわずかであり、象の消滅の持つ意味を再確認する役割を担っている。 この作品は全体が二重の…